■自営業を始めたい方へ ~会社に雇われない働き方の相談に応じます!


 フリーライターの今一生の仕事は、雑誌や書籍の取材・執筆・編集だけではありません。

 テレビのドキュメンタリー番組の制作やプロデュース、講演や講師、出版コンサルなどまで、いろいろな仕事を自営業者として作り出してきました。

 そこで、会社に雇われることなく、自分にしかできない商品・サービスを生み出すことを仕事にしたい方を対象に、自営業支援サービスを始めます。

●自営業者として、ほぼ毎日1人で働きたい人(職種やビジネスモデルを知りたい人)

●会社に雇われることが難しく、自分の履歴を活かした仕事を作り出したい人

●自営業を始めたものの、なかなか食えず、行き詰まりを打開して食えるようになりたい人

●障がいなどのハンデがあってもできる仕事を作り出したいNPOや社会福祉法人など

 他にも

「お小遣い程度を子ども自身に稼がせたい」という親御さん
「副業として在宅ワークを始めたい」という主婦の方
「低学歴層やひきこもりなどの子に稼ぐ力を身につけさせたい」という学校教師の方
「年金以外の収入を自分で作りたい」という高齢者や障がい者の方

 …などの方々も、お気軽にご相談ください。


 基本的にSkypeによる通話とメールによる相談に応じますので、ネット環境が必要です。
 実際の相談は、以下のように進められます。

(1) 相談者の自分史年表(※サンプル)を元に、相談者の生まれてから今日までの職歴・学歴・病歴・経験・趣味・資格・家族などを有効活用した「その人にしかできない仕事」の提案・現状分析

(2) 相談者の作れそうな商品・サービスに価値を感じる顧客層と、彼らのニーズをつかむために必要な作業に関する助言

(3) 売上目標、作業スケジュールや値付けを共に考え、商品・サービスの開発の仕方を助言

(4) 商品・サービスの営業(売り込み)先リストを共に作成

(5) その他、広報・新規事業展開・確定申告・ビジネスモデルなどに関する相談に随時対応

 自営業の未経験者・初心者はもちろん、自営業で行き詰まっている方も歓迎します。

 なお、このサービス事業は期間限定で試みられ、予告なく終了する場合がありますので、相談したい方はお早めにお申込みください。

【システム】

★まず、Skypeヘッドセット、あるいは電話をご用意ください。
 スマートフォンをご利用の場合、Skypeのアプリをダウンロードし、設定してください。
 Skypeをご利用されてない場合は、お申込みの際に電話番号をお知らせください。

★次に、下記のメールアドレスをクリック
 conisshow@gmail.com(今一生)

★メールのタイトルに「自営業の相談依頼」と書き、本文に下記の6点を明記して送信
 ●あなたの氏名(※匿名・ハンドル名でもOK)
 ●個人・グループのどちらか?
 ●SkypeのID あるいは 電話番号
 ●お住まい(※都道府県のみ/海外からの相談もOK)
 ●利用したいコース(※下記の「利用料」を参照)
 ●相談したい希望日と時間帯(※3つまで候補を記入/午後2時以後~深夜まで対応)

★メールの送信後、数日以内に振込口座をお知らせしますので、入金してください
 入金を確認次第、相談日時と当方のSkypeのID(もしくは電話番号)をお知らせします

【利用料】(※事前振込)

★コースA: 相談1回     45分 →1万円
★コースB: 相談1回     90分 →1万9000円
★コースC; 相談2回 計120分(60分+60分) →2万4000円
★コースD: 相談3回 計165分(60分+60分+45分) →3万3000円
★コースE: 相談4回 計240分(90分+60分+45分×2回) →4万7500円 ←一番人気です
★コースF: 相談7回 計480分(120分×3回+30分×4回) →9万円

※A→B→C…の順に、1時間あたりの利用料が安くなってお得です

※2~3人で利用料を折半し、グループ単位で申し込むこともできます
 その際、スカイプ相談では同時に3人まで通話相談に参加できます
 グループで申し込まれる際は、代表者の本名と口座番号での申し込みが必要です

※新聞・雑誌・テレビに取材されるための広報戦略のみのご相談はこのページを参照

【備考】

※相談が複数回ある場合、2回目以降は、困った時にメールで希望日と時間帯をお知らせください。残りの回数と時間を、そのつどお知らせします

※振り込み手数料は、利用者側でご負担ください

※当方は、自殺・精神病・ソーシャルビジネスなどに関する豊富な取材に基づいた助言をします

※相談時間には制限があるため、上記の(1)~(5)のすべてにお答えできない場合があります
 あらかじめご了解の上、コースをお選びください
 違うコースを選んで複数回、相談することもできます

※相談前にこのブログ記事を読んでおくと、相談時間をムダ遣いせずに済みます

遠藤一さんの自分史年表を参考に相談者自身の自分史年表(ワードファイル)を書き、相談時に添付ファイルで送ると、相談時間を有効に使えます
 また、相談したいことを事前に箇条書きにして用意しておくと、回答が速くなります

※相談者がこちらの想定以上になった場合、利用料が予告なく上がる場合があります

※この相談事業は、期間限定で試験的に始めています
 当方の都合で突然にサービスを打ち切る場合があります
 お支払いされた相談者のサービスには最後まで応じますので、ご安心ください